高濃度ビタミンC点滴による美容法

ガン予防にもなる

高濃度ビタミンC点滴ってなに?
ガンの治療に、副作用の心配がなく、効果が期待できるため、
天然の抗ガン剤として注目されているのがビタミンCです。

ビタミンCは、分子構造がブドウ糖によく似ているため、高濃度ビタミンCを
点滴で大量に投与することで、ガン細胞が栄養源のブドウ糖と間違えて
ビタミンCを取り込んでしまいます。

大量に取り込まれたビタミンCは、高い抗酸化作用により、ガン細胞に作用して
効果が期待できるという訳です。

ビタミンCは、正常な細胞に対しては深刻な副作用の心配がなく、
安全に使用することができるため、高濃度ビタミンC点滴をすることで
発生したばかりの初期のガン細胞に作用するとガン予防になると言われています。


高濃度ビタミンC点滴は、抗酸化作用が高いため、健康や美容にも良いとされています。
コラーゲンの生成を促したり、メラニン色素の分解と排出をサポートする働きがあったりすることに加え、高い抗酸化作用で
体の中で細胞をさびつかせる活性酸素を除去して体外に排出働きもあり、細胞の老化を遅らせる効果が期待できるのです。

高濃度ビタミンC点滴を定期的に受けることで、美容や健康の維持に役立ち、ガン予防にもつながるため、大変注目されています。
医療の現場でも、高濃度ビタミンC点滴を積極的に取り入れることが増えているため、ガン治療を専門的に行う医療機関をはじめ、
美容系のクリニックなどでも気軽に高濃度ビタミンC点滴を受けることができるようになってきています。