高濃度ビタミンC点滴による美容法

受けるべき頻度

高濃度ビタミンC点滴ってなに?
がん治療といった医学療法にも使われている高濃度ビタミンCの点滴は
美容のための方法としても高い効果があります。

成分濃度が高いビタミンCを血管内の静脈に投与して
血液中のビタミンCの濃度を上げるのが高濃度ビタミンCの
点滴の特徴となります。

良い働き

ビタミンCには人体に悪い体内の活性酸素の数を減らす
抗酸化作用があり、この働きによって体に良い効果がもたらされます。

がんの予防や緩和、アレルギーへの抗体といった健康面での
効果の他に、美容面でも嬉しい効果を得ることができるのです。

健康面

高濃度ビタミンCの点滴での美容面での効果は
肌を美しくできる所にあります。

抗酸化作用が働くと肌に、美白、老化防止、ニキビの改善といった効き目が出ます。

活性酸素によるデメリットに、メラニン細胞の増殖、コラーゲンの減少、
免疫機能と新陳代謝機能の低下があります。

メラニンは色素沈着を起こす原因であり、コラーゲンは肌に潤いと
弾力を与える元であり、免疫機能と新陳代謝機能の低下は肌の状態を悪くします。

抗酸化作用で活性酸素が除去されることで、これらの問題が解決し肌をキレイにすることができます。

美容目的で高濃度ビタミンCの点滴をする場合には、頻度として
1週間から2週間に1回は行った方が良いです。

施術代金は高めで、1万円程度はかかってしまいます。

高濃度ビタミンCの点滴を定期的に受けるには、何回か分をまとめて払うと
割引になるサービスを行っている所で受けるのがおすすめです。